ライトリフレッシュマスター(Light Refresh MASTER) I & II

ヘッドライトクリーナー&コーティング剤 「ライトリフレッシュマスター I & II 」


劣化したヘッドライトを復元&保護
ライトリフレッシュマスター 遂に誕生!!

商品プロジェクト

車のヘッドライトに使用しているプラスッチック樹脂(主にポリカーボネート:PC) の黄ばみ・くすみ・樹脂表面に加工されているハードコート膜のはがれ及び変色 をプラスチック樹脂を傷つけず改善し保護するシステム開発に着手。

手作業にて、リフレッシュクリーナー1液とクリアコート1液の2液タイプで実現致しました。
※施工者の作業効率及びスキルを大幅軽減しております。

リフレッシュクリーナーは現状の市販商品にない特殊PH調整剤+特殊研磨剤のW効果でヘッドライトの黄ばみ・くすみを浮かせて削ぎ、クリアコートはケイ素系化合物をPC専用に仕上げたもので、ハードコート膜のはがれ及び変色を改善し、長期間ヘッドライトを汚れ(有機物)・UV(紫外線)等から保護します。

Before→After 

ヘッドライト劣化具合により4段階に分けてみました。
※全て手作業ポリッシャーは一切使用しておりません。
※ヘッドライト被写体より50センチの距離で撮影しております。

■ レベル1 ・・・ 軽度の黄ばみ・くすみ速攻で落とせます。

Before   After
sample imagesample image

■ レベル2 ・・・ 重度の黄ばみ・くすみ簡単に落とせます。

Before   After
sample imagesample image

■ レベル3 ・・・ 施工前はハードトップコートの劣化がうろこ状に見られますが取れています。

Before   After
sample imagesample image

■ レベル4 ・・・ 施工前はハードトップコートが劣化し隙間に汚れが入り込み、
変色していますが、中のレンズが見えるぐらい改善しています。

Before   After
sample imagesample image


おすすめポイント
作業時間の目安 30分。 (上記、Before→Afterのレベル3対象)
リフレッシュクリーナーは、PH調整剤+特殊研磨剤のW効果で今までにない仕上がり。
クリアコートは、長期間ヘッドライトを汚れ(有機物)・UV(紫外線)から保護します。(屋外管理で6ヶ月)
約30台施工可能。
2液システムで作業工程大幅短縮。
ウインカー、テールランプ、バイザー等の透明樹脂パーツ使用OK。

セット内容
リフレッシュクリーナー 200ml×1
クリアコート 100ml×1
クロス ×3
専用スポンジ ×4
 

施工手順

【 ステップ1 : 洗浄 】

・ヘッドライトを水で洗浄します。
・洗浄後タオル等で水分を十分拭き取ります。

(注)
夏季においてはライト表面が高温になっており、
温度を下げる為にも必ず行って下さい。

 

【 ステップ2 : クリーナー塗布 】

リフレッシュクリ-ナー・マスター1を付属クロスに適量取り作業を開始します。

(注)
本液がボディに付きましたら、濡れタオルで速やかに拭き取って下さい。

 

【 ステップ3 : クリーナー作業 】

・全体に本液が浸透するようによく擦り込みます。
・この段階で白く曇りがでて汚れが浮き上がりますので、
 縦・横にクロスを動かして汚れ及びクリアが剥がれたものを落として下さい。

(注)
汚れが酷い場合は作業を繰り返し行う。

【 ステップ4 : 拭き取り 】

・クロスの綺麗な部分で仕上げ作業を行って下さい。
 汚れ等が取れライトがクリアになれば作業完成です。

(注)
拭き取りにくい場合はタオルを水で濡らし拭き取って下さい。

【 ステップ5 : コート塗布 】

・専用スポンジにクリアコート・マスター2を適量取り作業を開始します。

(注)
クリアコートによりライトに透明感を与え、保護する為、必ず行って下さい。

【 ステップ6 : 仕上げ  】

・本液を縦・横によく擦り込んで下さい。
 この時、ぬりむらが無い様に仕上げて下さい。

(注)
・拭き上げは不要。
・施工後24時間は出来るだけ雨などに当てずに乾燥させて下さい。

 

よくある質問

Q : ヘッドライトのコーティングの効果はどれぐらいですか?
A : 屋外管理で6ヵ月効果持続(弊社テスト)しますが、目安として考えて下さい。

Q : 施工後のメンテナンスについて教えて下さい。
A : 基本は水洗いでOKですが、水滴がヘッドライトに残らないよう拭き上げて下さい。
3ヶ月毎にヘッドライトをチェックし劣化が見られる部分は再施工して下さい。

Q : 何台位施工できますか?
A : ヘッドライトの劣化具合にもよりますが20〜30台が目安となります。

Q : どのようなヘッドライトにも対応できますか?
A : 車種によりヘッドライト樹脂表面のハードトップコートの劣化が酷い場合、繰り返し施工することで改善されますが、100%新品状態には戻り ません。尚、他社商品との比較画像でご確認下さい。
  【他社商品との比較】
※特に劣化の酷いヘッドライトで手作業にての比較です。同じ時間(30分)をかけた結果を比較してみました。
<左側>当社の 「ライトリフレッシュマスター」  / <右側>他社商品
sample imagesample image

Q : ヘッドライトのキズは改善できますか?
A : 細かいキズはリフレッシュクリーナーが平滑にし、クリアコートが埋め込み改善しますが、
ひび割れ等大きなキズは、改善できません。


お気軽にお問い合わせ下さい。

◇電話番号 06-6863-2410

◇FAX番号 06-6863-9244

◇メールでのお問い合わせは、専用フォームをご利用ください。お問い合わせページ



製品のお問い合わせ、お見積り、ご注文はこちらから

当社の全製品ラインナップはこちらから